2016年3月11日、ワークショップ「国際栄養の現状と課題(第4回」(自然災害と栄養改善)は、参加者約22名が自然災害における栄養問題に対処するために何をどうしなければならないのか」について基礎的な理解力を養うため、実例や演習をまじえて学びました。

ワークショップ「国際栄養の現状と課題」(第4回)

自然災害と栄養改善

 

日時:2015年3月11日(金)午後3~6時    

会場:ちよだプラットフォームスクエア 402会議室 

参加者:約20名(予定) NGO、公共団体、大学、開発コンサルタント

参加費:1,000円

 

研修目的:「自然災害における栄養問題に対処するために何をどうしなければならないのか」について基礎的な理解力を養う。具体的には以下の事項を学ぶ。

  1. 自然災害における栄養不良の基礎概念

  2. 災害後の栄養調査の概要

  3. 緊急時の栄養改善対策の種類、内容

     

 

プログラム

1. 自己紹介と期待
2. セミナー目的とプログラム紹介
3. 災害とは
4. 災害における栄養不良の基礎概念
5. 災害と栄養不良リスク(グループ演習)
6. 災害後の栄養アセスメントと調査
7. 災害時の食糧・栄養支援
8. 総括