top of page
検索

エチオピアにおける食事多様性に関する調査

【エチオピア🇪🇹】

NAMは、2022年7~10月にかけて、エチオピアにおいて妊娠中および授乳中、思春期少女、生後 6 ~ 23 か月の子どもの食事の多様性を改善するための障壁について調査を実施しました。

これは、エチオピアで脆弱世帯の食料安全保障を改善することを目的としてUSAID 人道支援局が支援する 5 年間のプログラムのための調査で、東ハラルゲ 県の 9 つの群(ワレダ)で実施されました。

主な目的は、女性や子どもの食事と栄養価の高い食品の消費の促進要因と阻害要因を特定することで、比較的若い母親と経験豊富な母親の違いも分析しました。

また、 栄養価の高い食品の季節や市場での変動状況や、 家庭菜園の好事例を特定し、食事多様性に対する役割を分析しました。

調査方法は、定性的データ収集(フォーカス グループ ディスカッション、キーインフォーマントインタビュー)を使用しましたが、観察と参加型農村評価 (PRA) 法も活用しました。

概念フレームワークは、社会生態学的モデルを適用して、個人、家族、コミュニティ、サービス提供者など、複数のレベルで要因を分類しました。



閲覧数:9回0件のコメント
bottom of page