2015年7月31日、栄養不良対策行動ネットワーク(NAM)による第3回ワークショップ「国際栄養の現状と課題」(栄養調査の基礎と実践)が開催され、NGO、コンサルタント、大学などから約20名が参加しました。今回は栄養調査のための目標設定、プロセス、測定方法、データ管理、分析、報告書作成と結果の解釈について、実例や演習をまじえて学びました。参加者からは活発な質問や意見が交わされ、今後当サイトのフォーラムを活用してフォローアップしてゆこうということになりました。

ワークショップ「国際栄養の現状と課題」(第3回)

栄養調査の基礎と実践

 

日時:2015年7月31日(金)午前10時~午後4時    

会場:ちよだプラットフォームスクエア 402会議室 

参加者:約20名(予定)                   

参加費:1,000円

研修目的

  • 栄養調査の目的と指標を設定できるようになる。

  • 栄養調査プロセスの準備・実施・分析・報告の各ステップを理解する。

  • 栄養状態および栄養に関連する行動変容の指標と測定方法を学ぶ。

  • データ管理と分析方法を紹介する

  • データの分析結果を適切に解釈できるようになる

 

プログラム

  1. 自己紹介

  2. セミナー目的とプログラム紹介

  3. 調査とは何か?

  4. 調査プロセスの14ステップ

  5. 調査ニーズの明確化

  6. 調査目標の設定(

  7. 調査対象地域の選定

  8. 調査の準備

  9. 調査日程の決め方や準備プロセス

  10. サンプリング(標本抽出)とサンプル数の計算、(コンピュータ演習含む)

  11. 二次データの収集と追加収集データ

  12. 情報源とツール(質問表)紹介

  13. 必要機材・資材の準備

  14. 調査員の選定と役割分担、人数、選定法、資格要件

  15. 調査員トレーニング、標準化テスト(コンピュータ演習含む)

  16. データ収集と調査進捗管理

  17. データの質チェックとしてのPlausibility Checkの機能と解説(コンピュータ演習)

  18. 結果分析と報告

  19. 栄養調査結果の解釈のしかた(信頼区間と中央値)

  20. 報告の共有方法